ほくろはプロに切除してもらうのがベスト【形状や濃さなどにも違い】

跡が極力残らない治療

ほくろ

適切な診察

クリニックで受けることができるほくろの治療はレーザー治療か手術になります。ほくろは後天性色素性母斑といい、生まれつきあるものではなく生活していく中で発生します。肌のどの部位にできているかということや、大きさによって方法を選択します。レーザー治療でも手術でも確実に取り除くことが可能です。しかしながら取り除いた後に跡が残ることから、跡をできるだけ小さく目立たないようにできるかがポイントになります。特に顔や首など目立つ部位のほくろの治療では重要なことです。そのため、クリニックでの治療では最小限の範囲の治療が行われます。また、レーザー治療を行う場合には患者の肌の状態を確かめ、安全を確認してから治療を行います。レーザー治療の場合、取り残しがあれば再度無料で治療を受けることができるクリニックもあります。レーザー治療を終えた後には患部は赤くなります。この状態からきれいな肌にするために軟膏を塗って患部を保護するなど適切なケアを一定期間継続することが大事です。美容クリニックでほくろ治療を行う場合にはまず予約することが大事です。クリニックによっては初診で予約がない場合には長時間待つことも考えられます。ほくろは緊急性が高い治療であることはほとんどないので、予約して訪れることがポイントです。初診においては治療をしたいほくろについて診察が行われます。ほくろは良性のものがほとんどですが、まれに悪性腫瘍であることもあります。良性と悪性では治療方針が大きく変わってきます。見た目だけで判断できない場合には病理検査も行います。その後、治療方法について説明を受けます。個数や大きさによってレーザー治療がよいか手術による切除がよいか判断します。その際にはそれぞれの方法のメリットやデメリットを確認します。その後、治療日程を決めます。治療はいずれの方法も日帰りで受けることができます。レーザー治療であれば短時間で終えることができますが、ほくろを複数個治療する場合には一日でできる個数に制限があるので複数回の通院が必要となります。

Copyright© 2018 ほくろはプロに切除してもらうのがベスト【形状や濃さなどにも違い】 All Rights Reserved.