ほくろはプロに切除してもらうのがベスト【形状や濃さなどにも違い】

病院で治せます

女性

費用は施設で違います

ほくろは誰にでも体中のどこにでも、多かれ少なかれ発生しているものです。自分では出来ていること自体に気付いていない場合もあるほどですが、顔や首や手足など人目に付く場所に出来るとサイズや色合いによっては悪目立ちする場合があります。時には外見が気になってコンプレックスの原因となっていることも珍しくありません。見た目の問題と認識されて、特に体調に変化をもたらすわけでもないので放置されがちですが、実は美容クリニックでは治療を受けることが出来るのです。そこで病院で受けることのできるほくろ治療とそれぞれの特徴を御紹介します。治療の基本は除去することになりますが、アプローチの仕方には大別して3つの方法があります。まず電気メスを使用して、削り取る「くり抜き法」があります。電気エネルギーがもつ熱の力を利用して患部を焼いて、患部を取り除くと言うのが特徴です。アレクサンドライトレーザーやヤグレーザーなどを光源にしたレーザー治療も美容クリニックではよく実施されています。レーザーの種類によって作用機所には違いがありますがメラニン色素に反応して患部を破壊します。出血がほぼなく傷も残りくいのガ特徴といえます。ほくろは原則として保険適用の対象にはならないので全額自己負担になります。そのためいわゆる「自由診療」になるので美容クリニックの施設ごとに費用には違いがあります。そのようにまちまちな理由には、治療に使用する装置の違いであったり、施術内容の複雑さの度合いを反映していたりします。従ってあまり値段の安さに着目するのは考え物です。自分にとってどのような仕上がりを期待しているのか、どの程度の身体的負担を想定しているのかなどを、事前のカウンセリングで十分確認する必要があります。費用ももちろん重要な問題ですが、こと美容に関することなので仕上がりが綺麗になるのかを十分検討する姿勢が必要です。場合によっては幾つかのクリニックでほくろ治療について、セカンドオピニオンを受ける場合もあるでしょう。そのときにはカウンセリングは医師が面談に対応してくれるのかは、とても大事なポイントです。経験が豊富で熟練した技術を持った医師なら、各治療法を患者様の状態に応じて分かりやすい説明で、納得のいく治療プランの提案を期待できるからです。

Copyright© 2018 ほくろはプロに切除してもらうのがベスト【形状や濃さなどにも違い】 All Rights Reserved.