ほくろはプロに切除してもらうのがベスト【形状や濃さなどにも違い】

その日に変化を実感できる

ほくろ

無暗にいじらないこと

ほくろが目立っているので気にするくらいなら、いっそのこと取ってしまおうと行動に移す人が増加を見せています。小さいサイズで服で隠れてしまう部分にできていれば特に気になりませんが、小鼻の脇にできた巨大なサイズのものや、小さくても首やデコルテなどに散在状に多発する場合には、ファッションも事実上限られてしまいますし、人目が気になりコンプレックスを感じることも珍しくないのです。幸い美容クリニックなどのほくろの治療に積極的な医療機関では電気で焼灼する方法や、レーザーを照射する等痛みが少なく身体への負担の少ない治療の選択肢が用意されています。もちろん1センチを超えるような大きなサイズのものでは従来から行われている除去手術も選択肢に入ってきますが、麻酔や縫合法の進歩により、傷跡もほとんどきにならず、手術そのものの痛みも大きく軽減されています。ほくろは病気で無いからと、意識的に放置するよりもむしろ、端的に取り除いて心もスッキリした気分で過ごすスタイルが一般的になっていると言えるでしょう。身体への負担が少なく痛みなども問題も軽減されているとはいえ、レーザーや電気焼灼などの施術を行うので注意をするべきポイントもあります。例えば顔のほくろをレーザーで照射した場合、再発を防ぐために「根」にあたる部分まで蒸散させる必要があります。そのため十分レーザーを照射することになるので、小さな創傷が出来ることになります。傷自体は軽微なものなので、施術終了後は化粧を行うことも可能ですが、施術箇所やその周辺は紫外線に弱くなっています。そのような状況で日光に直接あたると日焼けしやすくなっています。そのため施術箇所が落ち着くまでしばらくの間は、紫外線ケアは十分行う必要があります。それでは施術部位が落ち着くのはどの程度の期間が目安になるのでしょうか。直径5ミリ程度のほくろをレーザー照射した場合、2週間程度、大きなもので切除した場合には抜糸までに5日程度かかります。術後ケアを注意するべき期間の目安になるでしょう。稀に黒い点状のものが出る場合がありますが、再度レーザー照射を行えば完治できます。

Copyright© 2018 ほくろはプロに切除してもらうのがベスト【形状や濃さなどにも違い】 All Rights Reserved.